参加者の感想
 
超実践塾:参加者の感想紹介
秘書 S.I 様
匿名希望

Q.超実践塾を受講した感想をお聞かせください。
 一般的なビジネスの定理などを勉強していなかったが、市川さんのHPを読んだり、講義の中で、不必要な勉強をせずとも必要な知識に巡り合うことができて、大変有意義でした。理解するには今後の復習が不可欠と思います。 また、回の途中までは、市川さんだからできる「市川流」を面白楽しく聞く感じになっていたのですが、終了してみますと、認識を変えて捉えるという言葉の通り、自分でもできる自分流を発見する講義になっていました。市川さんのやり方は、いつも謙遜でおっしゃる「私は〇〇なので」ということばで当初よく見えませんでしたが、特別なことばかりではなく、いつもものの見方を「自分らしく」「自分と相手に可能な」側面に捉えなおすということだったように感じます。たくさんの努力と労力をもってご準備された主催者様・市川様にこころよりお礼申し上げます。

Q.本講座の中で最も印象に残っている内容を教えてください。

「勉強会」

  勉強会とは、グループディスカッションであって、それを先導するのが私たち、と思っていました。しかし、文字の通りにクライアントに勉強させるのが勉強会だった、ことです。あくまで主体を「彼らたち」にすることで、主体性と継続性を維持する方法に感動しました。勉強する喜びは、誰しも体験しうることも、とても重要な学びでした。

「中小企業のイメージ戦略」

  これは、簡単に「大手企業をこき下ろし、それに比べて中小企業はいいというイメージの刷り込み」と記憶しています。市川さんが、「私なら、こっちを下に落とします」と、線グラフをドカンと下におろした瞬間は、本当に目からうろこでした。私はこれを、中小企業の新たなイメージ戦略術と名付けていまして、つい先日、バーで相談にのっている(というか困っていることはないので愚痴を聞いている状態ですが…)社長にお話ししたところ、大変ウケまして、なるほど愉快だな、機会があったらやってみるわー、と大笑いしてました。 効くなー、と実感した瞬間でした。


Q.次回の超実践塾を誘いたい相手に対してどのように紹介しますか。
 「市川さんには、私心がない」というエピソードを紹介します。
 市川さんの行動がおもしろいのではなくて、クライアントからの正直な感想話は大変興味深いと思うからです。実際講義を聞いてみると、とてもウィットに富んでいて、どんどん引き込まれてゆく、という流れができると思います。市川さんは嫌がりそうですが、これも「見せ方」だと思いました。